2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 映画版「電車男」 | トップページ | 元声優の曽我部和恭さん死去 »

2006.09.20

「危ない」が危ない 〜 バトンとチェーンメールふたたび

 このブログの過去記事「バトンとチェーンメール」ははてなブックマークのホッテントリ(注目記事)入りしたこともあって、割とよく書けていると気にいっている記事なんですが、どうもなかなか賛同が得られない(^^;)
 先日もこんな記事を目にしました。

「バトン」と呼ばれるものはmixiの利用規約に違反するか(管理人日記) - むぅもぉ.jp

 先の記事にも書きましたが、私の意見は「バトンとチェーンメールは本質的に異なる」です。その根拠として、

  1. チェーンメールの問題点は、チェーン=他の人に回す という形式にあるのではなく、コピーの過程で情報が劣化する、内容に関する責任の所在が明らかでない、人の不安や善意につけこんで、正常な判断を狂わせることによって伝播するなどといった、その本質的な部分にある。

  2. バトンとチェーンメールの共通点は、チェーンという形式のみであり、バトンの個々の記事がオリジナルの一次情報であるバトンと、情報のコピー(しかも劣化しやすい)であるチェーンメールはその本質において異なる。

といったことを挙げています。

 リンク先の記事も「この形式で回したら規約に抵触するか」ということを検証していて、どうしても形式にとらわれがちのようです(まあ、法律論とか規約論とかって、どうしても形式主義になっちゃう面もあるのかもしれませんが)。でも、形式に目が行っちゃうと、「どうして問題なのか」という本質の部分に目がいかなくなり、それはそれで問題だと思うんですよね。現に、新潟県中越地震のときの小千谷発メールチェーン化なんかも、もともとの文章はチェーンでもバトンでもありませんでした。にもかかわらず、当時ブームが盛り上がりつつあったブログに乗って、ものすごい勢いでチェーン化してしまったんですよね。

 チェーンメールなどの「よくない」「危ない」と思ったことを遠ざけるのはいいんですが、遠ざけたことで安心して、そこで思考停止してしまうのはよくないと思います。コンピュータウィルスなどのセキュリティ問題もそうなんですが、必要以上に怖れたりせず、正しい知識を身につけて、冷静に考えてほしいと思うのです。

« 映画版「電車男」 | トップページ | 元声優の曽我部和恭さん死去 »

Web全般」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「危ない」が危ない 〜 バトンとチェーンメールふたたび:

» コンピュータセキュリティ、しっかりしてますか? [パソコンゲームだけでなく 中古パソコンの修理、自作パソコンをめざす]
コンピュータセキュリティをより完璧にするには、  きちんとした知識と対策がとっても大切です。 パソコンにほとんど入っている、ウイルスソフトや、ファイアーウォールだけでは不十分で、自分で行うセキュリティーの注意が必要なことがたくさんあるんです。それは・・・・ ... [続きを読む]

« 映画版「電車男」 | トップページ | 元声優の曽我部和恭さん死去 »

FriendFeed

BlogPeople


無料ブログはココログ