2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« Musical Baton | トップページ | 東京の土日のお天気 »

2005.06.19

バトン雑感

 自分の分を答えるついでに、他の人のバトンもあれこれ回って見てきました。ムーブメントとしては既に下降気味なのか……というか、回す先が5倍5倍でネズミ算式に増えていくんじゃ、そりゃ回す人が尽きて失速しますね。

 類似のバトン企画。はてなダイアリーのキーワードで見つけました。

 本に関する質問のBook Baton てのはないんですかね。ブロガーには本好きな人も多いし、結構盛り上がりそうな気がするんですが。でも最初の設問が「持っている本の総冊数」だったら困るなぁ。数え切れない人続出。PC内の音楽ファイル容量は、PCが計測して出してくれるからいいですけど、本は目視で数えるか、買う時点で逐一カウントとるしかないわけだし。

 大物ブロガーに回すチャレンジャーな方もいます。古河社長のところにも回ってました。ココログをもりあげる先途としてぜひ回答してほしいなぁ。いっそ、スタッフルームにも回してみればよかったかしら。
 未確認ですが、眞鍋かをり嬢に回した人がいるとの噂も。眞鍋-古田ラインが成立したらすごいな。

 答えるのもバトンを回すのも強制ではない、ということで気楽に回してしまいましたが、最初は、あらかじめ相手に根回しして、相手が書くという確約をもらってからじゃないと回しちゃいけないのかと思ってました。書くことを強制されていると感じると気が進まなくなるでしょうから、この辺はもっと強調したほうがいいのかも。

 まあ、こうした企画は好き嫌いもあるので、回答したくない&回したくないというひとも当然います。割合よくみる意見が「チェーンメール的なものには賛同できないので……」というものでしたが、これはちょっと違うような。
 チェーンメールの問題点は、「回す先がネズミ算式に増えていくこと」ではなくよりもむしろ、「読み手に害をなす情報や裏づけのない二次情報(又聞き)が、際限なく伝えられていくこと」だと思うのです。バトンの場合は、回された人が自分の場合について解答するのですから、全て一次情報であり、チェーンメールとはまったく異質のものです。
 もちろん「バトンを回すのはチェーンメールっぽくて嫌」という考え自体は大いにありだと思います。ただ、「数が増えること」にしか着目せずに忌み嫌っているのでは、むしろチェーンメールの抱える根本的な問題点に対して、眼が曇ることにもなりかねません。

 まあ、突き詰めるところ、一種のお祭りみたいなものですから、誰かを不快にさせたりすることなく、楽しくやりたいものです。

« Musical Baton | トップページ | 東京の土日のお天気 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

>DJ・Hさま

 ご意見ありがとうございます。「『曖昧な意識』で成立させる」とおっしゃっているのは、「送ることの問題点を理解せずに回してしまう」ことと解釈してよろしいでしょうか。
 ではDJ・Hさまは、送ることの問題点とは何だとお考えですか?「チェーンであること」でしょうか。

 上に書いたように、チェーンメールによって伝わっていくのは、「同じ内容、あるいはその劣化コピー」であり、その内容はえてして無意味であったり、悪意を持って、人に不快をもたらす目的で書かれた内容(不幸の手紙タイプ)であったり、不正確さや検証不能性から無用のトラブルをひきおこしたり(善意のチェーンメールタイプ)します。これがチェーンメールの問題点だと私は考えています。「チェーンであること」それ自体は、この問題点の波及を加速させる要因ではありますが、問題の直接の発生源にはならないというのが私の意見です。

 一方、バトンの場合、伝わっていくのは質問のみであり、記事の主眼となる回答内容は、書き手一人ひとりに固有の、「オリジナルの価値ある情報」です(「人の音楽の好みなんて自分には無価値だ」という意見もあるかもしれませんが、それを言い出すとほとんどのブログ記事が無価値ということになってしまいますので(^^;))。故に、チェーンメールが回された場合に発生するような問題は発生しないと考えました。

 そして、バトンに参加している人がすべて、楽しいからと無批判にまわしているわけではなく、上記のような、あるいは別の観点から、バトンとチェーンメールが異なものであると認識した上で参加している人も少なくはないと思います。「すべて曖昧な立場」なのかどうかは、それこそ参加者一人ひとりに聞いてみないとわかりませんね。

 ただ、本文を書いたときには認識していなかったのですが、バトンのチェーン性にかかわる(でもチェーンメールとは別の)問題点として、「チェーンという行為に対する心理的な敷居が低くなり、結果としてチェーンメールに対する問題意識が薄れてしまう」ということはあるなと、後になって思いました。この点については、バトンにおいても気をつけなければならないと思っています。

 ご意見お待ちしております。

そうでしょうか?
バトンとチェーンメールは別物との解説ですが、
「受け手の意識(浸透する世代)」として、
とても共通すると思いますよ。
どちらも「曖昧な意識」で成立させるものであり、
スタートさせた一人以外、すべてが曖昧な立場です。
送る事の問題点とのバランスを判断出来ない人用。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バトン雑感:

» 回されたバトンを受けて [むるあの趣味部屋]
Musical Batonなるものがあるらしく、それがどうやらtugaaさんところから回ってきてたみたいですよ奥さん! (しかもバトン切れ(タイムオーバー)だったみたいですYO旦那さん……orz) でもまあ、せっかくの機会ですし、同時に回せる先も埋められてしまっているので他の方にも回せないので、のんびり回答を。 ……これ結構趣味でそうだよねぇ(^^; Q:Total volume of music files on my comp... [続きを読む]

« Musical Baton | トップページ | 東京の土日のお天気 »

FriendFeed

BlogPeople


無料ブログはココログ